ベビーチェアはお子さんに座らせてみて家族にも合ったものを選ぶ

サイトマップ

Baby Products

ベビーチェアは家族に合ったものを選ぶ

ベビーベッド

ベビーチェアは赤ちゃんに食事させたり遊ばせたりと非常に多くの場面で活躍してくれるので、子育てするのには必要なアイテムのひとつでしょう。ベビーチェアは、一人座りができる生後6か月頃から3歳まで使える椅子を主に「ベビーチェア」と呼ぶようです。しっかりゴックンできるようになってくる7か月頃には赤ちゃんの腰も据わってくるので、これぐらいの時期には椅子の使用をスタートさせましょう。
今では、ハイチェア・ローチェアなどさまざまな種類がありデザインも豊富で機能も多様化してきているので、準備したいけどどれを買おうかと悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。値段も安いものではないので、購入するのに失敗したくないですよね。ベビーチェアを選ぶのに大切なのは、使うシーンに合わせることですので、座卓で使うならベルトやテーブル付きで脱走されにくい「ローチェア」が良いでしょう。
ダイニングテーブルをメインとして使っているであれば、大きくなっても使えるものが多い「ハイチェア」などがオススメです。また、座卓でもテーブルでも兼用できる高さ調整タイプの「ハイローチェア」もあります。ハイローチェアはリクライニングチェアで、新生児から簡易ベッドとして使えますし、離乳食が始まれば椅子として使えるのですごく便利でしょう。その他にも非常にたくさんの種類が出ているので、ご家庭に合ったものを探してみてください。

TOP